カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
くろこさん
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月用の日本酒

今年はお正月用にと思って、720ですが、二本ほど用意していたのでございます。
がしかし、私の知らぬところで家人も用意していたらしく1800の方を(笑
思いがけず日本酒は3種ほど用意されたことになりました。

たわしの用意したのは
金紋真鶴純米吟醸生原酒と
刈穂山廃純米超辛口
の二本。

ちなみに家人が用意してたのは
八海山の青越後しぼりたて生原酒(たぶん)。

どっちも生原酒はものすごフルーティーで飲みやすかったですが
もっとも自分的に飲みやすかったのは刈穂。
にゃー。これ超好きv
香りはなんというか、ものっそこってり系にかんじたのですが←当てにならない意見
口をつけてみたらビックリ。
お水みたいにさらっさらのめる。
まるで口に含んだだけで喉の奥に溶けていくようでございました。
あんまり危険そうなので、たわくしは一杯で止めておきましたが。
家人はでっかいコップでたわくしのつたない感想に
眉間いっぱいにしわを寄せながら不満ありそげにのんでおりました。
失礼な!イヤなら飲むな!

つうか、むかつくことに人の購入してきたモノが大好きな家人は
自分が選んで買ってきた幸せのお酒を温存するべくなのか
人の酒ばっかり飲みやがる。
はじめになくなったのは金紋真鶴の生原酒でございますのです。
ああ。むかつく。
いやいや、いつまでも残しといても仕方ないし、旨いうちに飲むのが一番なんですが。
一人でぜーんぶのんじゃったーとか言われると、激しく殺意がみなぎるわけでございます。
いかんいかん。
新年早々殺人はいかん←新年とは関わりなくだめと思われます(笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。