カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
くろこさん
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わくわくのドチドチ

超広角(35mm判換算 18-36mm)ズームレンズ
「ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」発売

らしいでございますですねvvv
いいにゃあ。ほっしいにゃあ
がしかしかし。
お茶で散財しすぎでございます←バカ
10月かあ…
とりあえず、要お財布と相談!!
スポンサーサイト

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

使いはじめるまでは、いろいろ後悔もしましたが(笑
使って見ましたらば、意外といい子でした。
というか、自分もうっかり忘れてましたが、単焦点レンズって自分的にはなじみの深いレンズでもあったんですよね(笑
逆にどの範囲のモノが撮影できるか、と言うことさえ体が覚えてしまえば(脳は働きが悪いようです:爆)他のレンズより使い勝手がいいかもです。

PC150160.jpg



あんた、全然わかってないよ!!
と思いつつも(爆)昨日のお散歩写真から、一枚。こんな感じ?
作例が、まったく悪いですな(笑

PC150181.jpg


これまたおそらく特性が生かされていないように思われますが、お気に入りの一枚です。
ガラスルーバー窓になるのかな?
金具の部分がタマリマセン(笑←写真関係ないじゃん!!




手前(手前?)がぼけてる。かな?
うふふふふふふ

PC150197.jpg


んでもって、こちらは手前に焦点をあてて。
って、手前にあってるの?っていうか焦点はどこに?!
ま、いいか(笑
この板のこちら側ってこんな風になってたんですね。気がつきませんでした(笑




ちょっと黄色が強く出すぎちゃってる気がしますが。
コレこそ手前くっきり?

なんだか例によって似たような写真ばっかりですが、嬉しがってますよーと言うことで(笑

テーマ : E-510
ジャンル : 写真

トイカメラ

お金がないとか言って叫んでいた気がするんですが。
なんで私はこのような物を買っているのかorz

ああ、うっかりときめいちゃったさ!
明日からはお昼休みも楽しみvvうふvv
なんて思ってるさ!!!

R0023019.jpg


ハーフサイズと言うことで。
このカメラはたとえば24枚どりのフイルムだと48枚撮れることになるらしいです。
フツウにさしんやさんに現像に出してもいいモノなのか
ちょっと微妙な感じもするますが。
なにはともあれ楽しみです。

ままま、トイカメラですので、晴れた日が大前提なのかなとも思うんですが。
ISO400で有れば室内でもOKでしたと言う記事も見かけたことですし。
うふふふふふふ
とても、とても楽しみです。
ですがしかし。
1.5メートルってどのくらいですか?(爆
大体両手広げたくらいかな。

ま、とりあえず、接写を試みないように、がんばりたいと思います(爆
ちかちかち。
シャッターうかつに押し易すぎです。
無造作にかばんに突っ込むのは危険かもしれません。

ひたすらにコレクションへ走らないことを祈ってみたり(爆

テーマ : トイカメラ
ジャンル : 写真

Jetさん解体図

Tomyさんに許可をいただきました。のでので、メンテ時のRicohJetさんのお写真をUPでございます。
自分では絶対に解体はできないので、こんな美しい姿を肉眼では確認できなのは残念ですが←こらこら
Tomyさんのご好意により、こちらにもUpいたしますです。
Tomyさん!ありがとうございます!!!

DSCF2980-7711.jpg


こちらはレストア前の唯一の写真です。
発送する前に写真を撮ろうと思っていたんですが、うっかり忘れて箱に詰めてしまいました。
後悔と言うのは役に立たないものだと思っていたのですが。
ありがたいことでございます。

DSCF2984-451.jpg


ああ、なんてきれいな!!!←歯車に弱い
こちらのシャッターはセイコーSLVという部品なのだそうで。
やっぱり全部をRicohさんが開発してるわけではないんですね。
しかしかし、本当にきれいですvv
こちらもきれいにお掃除していただきました。
でもって、このアルミのリングもぴかぴかにしていただきました。

DSCF2985-64111.jpg


フイルムはウラブタを取り外して入れるんですが。
駒数窓などはとてもライカのM3に似ているのだそうで。
なんだかものすごく、ライカが気になってまいりました。
うううううう
それ気になりだすと、沼は深くなるばかりな気がするんですが
でもものすごく気になります。M3。
はうー!!!!!

DSCF2986-5511.jpg

ここも実は、取り返しが付かないほど、たいへんなことになっておりました。
こんなにきれいにしていただけるとは………
ほんとにもう、あちらの方向にむかって足を向けて眠れないです(笑
ありがとうございます。

ここにフイルムをぽくっといれるわけでございます。
でもって、こう、こっちの爪にフイルムの先を引っ掛けてたるみをのばして…とすべて手動でセットするです。
関係ないですが、自分はフイルム入れるという作業がものすごく好きです(笑
あ、巻き戻すのもすきですが。

DSCF2988-8711.jpg


で、こちらは最後の工程(?)
そこの部分はこんな風になっていたんですね。
シミジミ。
やっぱり機械式のカメラというのはステキだなあとシミジミとおもったり。

実はこのカメラ、三脚や他の部品も込み(フィルターもあったらしいので)で購入したようなのですが。当時の父の月給の6ヶ月ぶんがつぎこまれていたそうです。←カメラなんて結婚前じゃなきゃ買えなかったよと言ってました(笑
即物的ですが、こうして値段の方向からアプローチをかけてみても、どれだけ手の込んだ物なのかというか。なんだろう、カメラと言うものが高価なモノだったかというのがわかるますです。
大事に作られたモノと言う感じがします。ひしひしと。
モノが使い捨てではなかった時代につくられた工芸品と言う感じもします。うらやましいなあと思ってみたり。
使い捨ての現代では、たとえば歯車がひとつダメになっただけで、全部を諦めなくてはいけなかったりしますよね。
修理にだしたとしても、基盤全取替えだったりしたりで、ほぼしんぴんになってしまったり(笑
そもそも長持ちしないという話もありますが(笑

Tomyさんのおかげで立派に息をふきかえしてくれました。
我が家の大事な証人です。
これからも大切にしていきたいとおもいますです。
本当にどうもありがとうございました。

せっかく

カメラが帰って来ましたので、いそいそと撮影などして現像に出したりしたわけですが。
「露出計が壊れてませんか?」とのお言葉をいただいたり。
ふへ?ろしゅつけい?なにそれ?おいしいの?みたいなね(笑)
や。腕がないだけですが。
デジカメって良くも悪くもイタレリツクセリなんだなと実感。
微妙に時代がかった味のある写真ができあがってましたorz
いいんだ普通で

写真てあれですよね、ただ見せられても反応困りますですよね。あははははorz
精進せねば!!←その前に露出計が必要なの?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。