カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
くろこさん
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グリムス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さのあまり

ここのところゆーちゅーぶに嵌まっているわけですが。
いやいや、なんというか、懐かしいところがてんこ盛りでうれしい限り。
わくわくのどきどきが止まらず、ダンデライオンから始まってピアソラに終わったりしたわけですが。
ひとまず現状は久保田利伸だったりしたりしたり。
なんというか、このひとももう、人種とか超えてますよね(笑
そんでもって、なんかこう。冷めてる?
や、もうショーなんだろうなみたいな。
ものすごいノリもいいのに、なんでだろう。すごい冷めて見えるます。
あ、ちがうか。音に飲まれてないのか。
それにしてもすごいなあ。
ベースかっこいいなあ。

イヤホンほしいなあ。
ベースが壊れないやつ。
スポンサーサイト

戸川純は

もう、ほんと人間国宝でいいと思う(笑
やあ、素敵だなあ。

イヤフォン

ぶっ壊れ率が高いんですが。
今朝ほど通勤のお供にしたろと思って、音楽端末のスイッチをONにしたら、右の音しかしてませんでございました。
その前の子も確か断線ではなかろか?というあんばいだったんですが。
ああ、その前の子もそうなのかな?
私の使い方が悪いのか、タッチが魔物なのか。
微妙なところでございます(笑

今日の音楽

桜
(1993/01/25)
ZABADAK

商品詳細を見る


ちたちぶりにきいてしまったわけなのですが、やっぱりこのアルバムはいいですよね
でもなんだかやっぱりすでに廃盤くさいというか、アマーゾンでは在庫がないもよう。あたりまえか。
しょぼんなのでございます。
ものすげーいいんですけどもねえ。

なにげにそう、かはくでずっと頭の中を流れていたのがZABADAKの楽曲でございました。
視点というか、タワシの中の何かは、おそらくこれらを同類項でむすんでいるのでしょうね。

あ、全然関係ないですが、先日シャガール行ってきました。
同時に展示されていた立体のあれが忘れられません。あ、これは別の作者の作品です。
実現不可能というか、実際に作っても意味がないというか、用途不明な(用途どころか作れることそのものがなぞですが)建築モデル。真っ白の石膏のやつ。
あれはいい!
うっすらとたぶん影がひかれていたと思うんですよ。
どんな光線の当たり方をしても、必ず作者の意図した形で影が見えるのかなとおもってみたり。
しかもアクリルの箱の中に入っているので、世界は無限に広がっているわけです。
天井にうつったり側面にうつったり。
いやはやため息が出そうなほど美しかったです。

あ、あとあとやっぱり赤と青と黒がたまらなく美しかったです。
あの方のえはほんげに不思議でございます。
なんですかね、あの色。それから透明感。そんでもって主張される自我のようなもの?
メッセージ性がたかいんでしょうな。や、タワシの印象なのでこればっかりは個人差の見られるものだと思いますが。
ととあけるさんの絵なんかも思い出して見たり。
光の使い方と人物の柔らかさに共通点を見ているのでしょうか?
わからんちゃんでございます。

魔笛の衣装も舞台もすてきでした。
すんごいかわいんですよ。なんというか、きゅーと?
うーんみてみたい。
っていうか円谷プロバージョンがあるらしいんですが、それも見てミタイナア。

ちなみに帰りはかはくの前をわざわざ通ってきたのですが、あのしろながす迫力ですな。
ざとうくんの行方も気になるところですが(タワシのかはくのシンボルはざとうくんだったもので)
夜の中にライトアップされたざとうくんと機関車とそれからあの素敵な建物を眺めつつ
「何で帰らなくちゃいけないんだろう?」なんてなことを考えておりました。

頭の中をガンガン流れてたのは、当然のようにzabadakでした(笑

EP-4が届きましでございますv

P4182394.jpg

うれしいなv
かっこいいなvv

ちかちかち
タワシはいったい何を撮ったのだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。